何かご不明な点ございますか?

いつでもお問い合わせできますーその前に、FAQよくある質問をお読みくださいませ。お探しだった答えはそこにあるかもしれません….

レンタル開始の際必要なものは何ですか?
ご利用開始時にご登録運転手様との名義の支払いカードが必要になります。こちらのカードには免責額/デポジット、現地支払い費用、追加オプション商品、現地カウンターで購入された商品をカバーする十分な残額が必要となります。メイン運転手様と追加運転手様は個人名義の有効な免許証と予約が確定された際に発行される予約確認書 / eVoucherが必要となります。
クレジットカードが無くてもレンタルは可能ですか?
車両のピックアップ時にはデポジットが必要です。 ご利用規約の"デポジット、免責、カバー" をご確認下さい。デポジットは車両または備品へのダメージを補償するものです。
ほとんどのレンタカー会社で行われており通常はメインドライバー様名義のクレジットカードでブロックされます。 ご利用規約の “お支払いポリシー” でご利用頂けるカードをご確認下さい。
お支払い方法は何が選べますか?
Rentalcars.comではクレジットカード(Visa, Master, American Express)でのお支払いが可能です。

ご注意ください: レンタル開始の際にはメインドライバー様名義のクレジットカードが必ず必要になってまいります。
有効免許書について
レンタカーカウンターでは最低1年以上所持(通常2年)している運転免許証が必要になります。 有効期限がきれている、または仮免許証は受け付けられません。
カウンターのスタッフは交通違反の履歴を確認する場合がございます。  免許証がイングランド、ウェールズ、スコットランドで発行されている場合は2015年6月8日に改正された重要な変更をご確認下さい。
交通違反の履歴があるまたは免許証を執行したことがある場合は連絡 をすぐにお願い致します。レンタカーに制限がある場合があります。
海外でレンタカーをする場合は予約確認書で自国免許証と合わせて国際免許証が必要かご確認下さい。
予約の変更をしたいのですが/フライト番号を付け加えたいのですが
ご予約の変更はオンラインで簡単に行えます。My 予約 または My アカウント にログインしていただき、ご希望の変更内容を入力くださいませ。Rentalcars.comはご予約の変更の手数料を一切いただいておりません。当初のご予約内容から変更されますと、お値段やご用意できるお車の種類等が変わってくることがございます。フライト番号の追加・変更もこちらから承っております。
御予約確認書を受け取っていません。どうしたらよいですか?
からMy 予約またはMy アカウント にログインしていただくことで、いつでもご予約の内容確認が可能です。ご予約確認書は全額お支払い済みになりますと発行させていただきます。
アカウントはどのようにして作ればよいですか?
アカウントをお作り頂くとご予約の管理を簡単にしていただけます。ウェブサイトのホームページの右上に“My アカウント”ボタンがございます。
  • “Myアカウント”をクリック.
  • “アカウントの作成”をクリック
  • メールアドレスとご希望のパスワードを入力
  • ご登録いただいたメールアドレスに確認メールが届きます。メール内の “アカウントの有効化 ”ボタンをクリック
  • 一度アカウントが有効になりましたら、ログインをしてご予約の管理がお客様のアカウントから確認可能です。
現地で支払う追加料金はありますか?
Rentalcars.comはパッケージプランをご案内しておりますが、現地レンタカー会社で発生する費用もございます。義務的費用(エクストラではない)は予約手続き中に表示されと予約確認書にも記載されております。これらの費用はレンタル同意書にご署名される際にレンタカー会社に直接お支払い下さい。下記が含まれる可能性がございます:
  • 施設使用料 – 空港のビル等の建築に使用される費用
  • 冬季費用 – 冬季に追加される器具等
  • その他のレンタカー会社でレンタルされるもの
追加オプション代金はどのように払えばよいですか?
追加オプション代金およびそれにかかる税金は現地でのお支払いとなります。例;チャイルドシート、カーナビ、追加スノーチェーン、スノータイヤ、スキーラック 等。追加オプションご希望の場合は ご予約の変更 をクリックして、お好きなオプションをお選びくださいませ。
現地へのリクエストまたはオプショナルをご希望のお客様は必ずご予約に記載してください。Rentalcars.comではオプショナルまたはリクエストの確約は保証いたしかねますこと、ご了承ください。
追加運転手は含まれていますか?
追加運転手様ご利用の場合はご予約の変更 ページにて、オプションとして追加してください。追加料金は現地にてお支払いとなります。(パッケージに含まれているもの除く)

追加ドライバー様も有効な免許証および国際免許証が必要となってまいります。
営業時間外にレンタルを開始したい場合は追加料金がかかりますか?
営業時間外費用ー貸し出しもしくは返却を営業時間外にご希望の場合はレンタカー会社がスタッフの手配を致します。事前連絡が必須となっており追加費用が発生致します。
このレンタカーで国境越えはできますか?
レンタルをされた国以外で運転される場合、国境越えをされる場合、または同国内の異なる島に行かれる場合はご利用の最低7日前までに弊社にお知らせください。当該地が渡航禁止になっている場合もございますし、現地営業所に連絡をする必要がございます。また追加で現地販売の保険に加入していただかなければ渡航できない国もございます。ご連絡を賜れましたら予約担当より詳細をご説明させていただきます。

ご注意ください:イギリスからのご利用のお車の他国での乗り捨ては禁止されています。
フライトが遅延またはキャンセルになった場合はどうなりますか?
フライトがキャンセルや遅延の場合にはお電話かメールですぐにご連絡をお願い致します。
フライト番号を頂いておりましたらレンタカー会社がフライト状況を追って1時間車両をキープする場合もございます。

Rentalcars.com はフライトの変更、キャンセルによる予定変更変更に伴う損失に一切の責任を負いかねます。
ガソリンのポリシーはどうなっていますか?
レンタカー会社はそれぞれのガソリンポリシーがございます。予約過程で確認 できます。予約確認書、またレンタカー会社のレンタル同意書にもガソリンポリシーは記載されております。
3日以下のレンタルの場合には注意してガソリンポリシーをお選び下さい。
ほとんどのレンタカー会社はレンタル開始時にガソリン代をカバーするデポジット、または先払いを要求いたします。ポリシーに沿って車両返却時にデポジットは返金となります。レンタカー会社はそれぞれのガソリンポリシーがございます。予約過程で確認 できます。予約確認書、またレンタカー会社のレンタル同意書にもガソリンポリシーは記載されております。
3日以下のレンタルの場合には注意してガソリンポリシーをお選び下さい。
ほとんどのレンタカー会社はレンタル開始時にガソリン代をカバーするデポジット、または先払いを要求いたします。ポリシーに沿って車両返却時にデポジットは返金となります。
どのようにキャンセルできますか?
ご予約のキャンセルには変更またはキャンセルにログインしていただき、ご予約のキャンセル をクリックしてください。こちらの方法が一番早くかつ簡単にキャンセルしていただけます。
キャンセル・ポリシーはどうなっていますか?
キャンセルポリシーは弊社のウェブサイト ご利用規約 に記載がございます。
または予約手続き中の "重要な情報":にございます。

一括でお支払いいただいた場合ご利用の48時間前までなら無料でキャンセルが可能です。ご利用の48時間をきった時点でのキャンセルはレンタル3日間分をキャンセル料金としてを頂戴いたします。キャンセル料金がレンタル料金を上回る事はございません。
デポジットのご予約 ご利用開始の48時間前までにキャンセルされた場合、キャンセル料としてデポジット代金を頂戴いたします。ご利用前48時間をきった時点でのキャンセルはレンタル3日間分のキャンセル料またはデポジット料金いずれかの高い方の金額を頂きます。
現地にてお車をレンタルできなかった場合 現地にて、必要書類の不備・クレジットカードの残高不足・ご予約いただいたお時間にいらっしゃらなかったためにお車をレンタルできなかった際の返金はございません。

ご注意ください 特定のレンタカー会社では上記に加え、別途追加でキャンセル料金が発生する場合もございます。
車の補償、保険などの詳細はどこを見ればよいですか?
現地にてレンタル同意書にサインをされる際、必ず約款をご確認くださいませ。
通常自車両損害補償保険(CDW)にてカバーされていない部位、ウィンドスクリーン、グラス、ホイール、タイヤ、車体底、内装、クラッチ、お手荷物、レッカー移動代等は補償内容に含まれません。また現地で追加されたオプショナル商品、チャイルドシートやカーナビ等もカバーされていません。
飲酒運転または薬物運転、故意の損傷、オフロード運転、給油ミス、不注意に関する事故に関してはご利用規約に基づき保険内で補償できかねます。
私の予約にはどのような保険が含まれていますか?
全てのレンタカーは自車両損害補償保険(CDW)と盗難保険 (TP)が必要です。両方とも
  • Rentalcars.com パッケージに含まれているか
  • レンタカー会社から購入をするか
  • お客様のクレジットカード会社によりカバーされているか
のいづれかが必要となります。 補償内容につきましてはレンタカー会社により異なりますが予約中にご利用規約に明記されており、予約確認書にも記載がございます。
Rentalcars.comはどのような補償を提供しているか?
レンタル中に車両にダメージがあった場合にお支払い頂くセキュリティデポジットがピックアップ時に必要です。ピックアップ前に3つのいづれかの補償制度を購入していた場合に限り - デポジット/免責から差し引かれた金額*はレンタル後に返金致します

ほとんどのレンタカー会社は自車両損害補償保険(CDW)の免責がございまして、免責を補償する弊社の2つの商品をご提供しております:
  1. ダメージプロテクションはレンタカーの外装、メカニカル部品のダメージを補償致します
  2. フルプロテクションはダメージプロテクションと同じ補償 - 更に営業補償費、ロードサイドアシスタントと鍵の閉じ込めもカバー致します。事務手数料と盗難保険関連の費用も補償致します。
免責なしの自車両損害補償保険のレンタカー会社もございます。弊社で補償制度の商品をご提供しております:
  1. トップアッププロテクションはフルプロテクションと同内容となっております。
これらの商品をご購入頂きましたらプロテクションをご利用頂けます。レンタル開始後はプロテクション商品を返金することは出来かねます。

* ご利用規約が適用されます。 http://www.rentalcars.com/jp/terms/
免責とはなんですか?
免責額とは、レンタル中のトラブルによって生じる自己負担金の上限額です。通常は出発時に預けるデポジット(保証金)から差し引かれます。
  • 「車両・対物事故免責額」(CDW)とは、車体の損傷に対する自己負担金の上限額です
  • 「盗難免責額」とは、盗難や盗難未遂により生じる修理・交換に対する自己負担金の上限額です。
たとえば車両・対物事故免責額が400ポンド(GBP)の場合、車体の損傷が1,000ポンド相当であっても自己負担額は400ポンドのみとなり、差額の600ポンドにはCDW制度が適用されます。
自車両損害補償保険とはなんですか?
自車両損害補償保険 はレンタル同意書の規約により車両のダメージに対して運転手の補償を制限します。
お客様が運転している車両は補償されています - しかしほとんどの場合免責がありまして補償対象外のものがございます。ウィンドウスクリーン、タイヤ、車体下部、鍵の交換、鍵の紛失、牽引等はCDWではカバーされておりません。予約確認書の "含まれているもの"をご確認下さい。
車両盗難保険とはなんですか?
車両盗難保険(TP)は、使用中の車両が盗難、盗難の試みにより生じた損傷があった場合、必要経費全額を支払う義務を軽減する制度です。(詳細はレンタカー会社規約により異なる) 経費全額負担の代わりに、免責額のみお支払い頂くことになります。車両盗難保険(TP)は、レンタカー利用中に車内の所持品(現金、有価証券含む)に関してはカバーしておりません。
車を受け取りました。何かすることはありますか?
レンタカー会社さまをご出発される前に、付属品の場所も含め車両状態を必ずご確認ください。ヘッドライト、ハザードランプ、ウィンドースクリーンワイパー、鍵の状態、スペアタイヤ等すべてご確認ください。お車の周りを営業所担当者とご覧いただき、必ず状態をご確認ください。
 細かい傷や凹み等も含め、全て確認していただき、ご返却時に問題とならないようレンタル同意書にお車のコンディションの詳細を記載するようご確認ください。 お車のお貸し出し時およびご返却時に車両の写真を撮ることをお勧めします。
何故現地で契約書にサインしなければいけないのでしょうか?
Rentalcars.comは仲介業者でございます。弊社を通じてのご予約は弊社の利用規約が適用となります。
この規約はお客様の弊社とのレンタルに適用され、レンタル同意書および弊社ウェブサイトにて明記させていただいております。
実際のお車のレンタル契約はレンタルされる国の法に基づき、お客様および現地レンタカー会社様が現地のレンタル同意書に署名されることで結ばれます。ご署名をされることで、現地レンタル同意書に記載の利用規約の内容をご理解および同意いただいたこととなります。
返却の際の追加料金を避ける方法はありますか?
追加費用発生を防ぐため、お車は指定の日時に指定場所に必ずご返却ください。また、現地でご署名いただくレンタル同意書にて延長の場合の追加費用を必ずご確認ください。
事故にあった場合、車が故障した場合はどうすればいいですか?
車両故障や事故、または車両に関して問題が発生した場合は、直ちにお客様ご自身よりレンタカー会社さま宛ご連絡をお願いいたします。レンタカー会社さまにて、部品交換やお車の交換等の判断をさせていただく必要がございます。保険申請のため、現地にて記入または署名を求められたすべての書類を必ず保管してください。事故の場合は、現地警察または管轄機関にて発行された事故証明が必要となります。
請求書/領収証が欲しいのですが
領収書の発行は My予約またはMyアカウント にログインし、表示の領収書ボタンを押していただくことでいつでもご依頼が可能です。VAT(付加価値税)記載の領収書をご希望の場合、弊社にお問い合わせ にログイン頂き、フォームにご記入下さい。
車を早く返しました。返金はありますか?
レンタル料金は、貸し出し、返却時間と、お客様がレンタルを開始する前に同意した日付に基づいています。その後、お客様が、お車の貸し出し時間い遅れたり、お車の返却を早めた際は、一切の返金は御座いませんのでご注意下さいませ。
現地レンタカー会社から請求を受けました。なぜですか?
現地費用の内容としては下記内容である可能性がございます:ガソリンを満タンでなく返却された場合の費用・追加オプション・駐車違反等の違反金・車両にダメージを与えた場合
お客様が現地にて受け取られましたレンタル同意書・レシートにはこれらの費用が明記されております。

書類の内容がご不明な場合には、弊社のカスタマーサービス宛ご連絡をお願いいたします。現地営業所宛に、お客様に代わり確認させていただきます。
レンタル終了後ですが質問があります。どこに連絡すればよいですか?
レンタル終了後のお問い合わせに関しましては 弊社にお問い合わせ にログインいただき、オンラインフォームをご記入くださいませ。
出発時にデポジット(保証金)は必要ですか?
レンタル中の盗難や車体の損傷に備え、出発時にデポジット(保証金)を預ける必要があります。デポジット額はレンタル期間中、代表運転手のクレジットカードに仮請求またはデビットカードにから引き落とされます。
レンタル終了時に車体に損傷がない状態で返却された場合、7日以内に仮請求の解除または返金が行われます。
代表運転手名義のカード利用可能額がデポジット額に満たない場合、車をレンタルできない、または任意補償への加入を要求されることがあります。
これはすべてのレンタカー会社で行われている、一般的な手続きです。
店舗で加入できる任意補償には、どのようなものがありますか?
レンタカー会社はさまざまな補償商品を提供しています。そのもっとも一般的な商品が免責軽減制度(SCDW)ですが、会社によって以下のような異なる特徴があります。
  • 窓やタイヤなど、通常の車両・対物事故免責額補償制度(CDW)では補償されない部品等が補償される場合があります。
  • 補償対象外の範囲を減らし、補償対象箇所の損傷があった場合にも支払いの上限が下がる場合があります。
  • 保証対象外の範囲をなくし、出発時にデポジットを預ける必要がなくなり、補償対象箇所の損傷があった場合にも支払う必要がなくなります。